Career Groove バイトを楽しむ仕事マガジン

バイトを楽しむキャリアマガジン produced by モッピージョブ

 >  >  > インドア派に捧げる変わったバイト2017

インドア派なら必見! バイト感覚でできる変わった在宅ワーク

 インドア派に捧げる変わったバイト2017

YouTubeに声だけ出演、ゲームをするだけ、たまに外に出たくなったら配達員に変身……といった一風変わった仕事をリサーチ。第1弾はインドア派でも安心な “バイト感覚でできる変わった在宅ワーク” に的を絞って紹介します。家にいながら働いてみたい人は必見です!

はじめに

以前Career Grooveでは、“寝ているだけ” “眉毛を抜かれる” といった変わったバイト50選をご紹介しました。

あれから約3年……時代が変わればバイトも変わる?
ということで、今回は「変わった面白バイト2017」と題し、2度にわたって特集することにしました。

第1弾は、バイト感覚でできる変わった在宅ワークをお届け!
主婦の方、在宅での副業を探している方はもちろん、
人と関わりたくない、引きこもっていて部屋から出たくないという “コミュ障” 気味のアナタも。
家でできる変わった仕事なら、難なく始めることができるかも!?

1. YouTubeに声だけ出演する在宅ワーク? 珍しい案件多数の「クラウドソーシング」
2. ゲームするだけで稼げる「在宅デバッカー」
3. 気が向いた時だけ配達員! UberEATSの「配達パートナー」

ぜひ参考にしてください。

YouTubeに声だけ出演? 「クラウドソーシング」で変わった在宅ワーク

クラウドソーシングで変わった在宅ワーク探し

変わった、面白い、珍しい仕事をお探しのアナタ。
クラウドソーシングであれば、レアな在宅ワークが見つかるかもしれませんよ!

▼クラウドソーシングとは? プロのフリーランスも活躍中の委託業務▼

クラウドソーシングとは、不特定多数の人に業務を委託し、案件ごとに契約を結ぶスタイル。

発注側は比較的安価で業務委託ができ、受注側は時間・場所の拘束がありません。
よって、自分の生活リズムに合わせて働ける点がメリットとされています。
発注側はインターネット上で受注を募ることが多く、現代ならではのスタイルといえるでしょう。

仕事を依頼する発注者と、依頼を受ける受注者は、「CrowdWorks(クラウドワークス)」や「Lancers(ランサーズ)」といった専門の仲介業者を入れてやり取りするのが一般的です。

受注者は自分のレベルに合った依頼を選んで応募することが可能。
易しいものから難しいものまで、多種多様な案件があります。

報酬は案件の難易度によって、さまざま。
ケースによっては1,000,000円を超える場合もありますが、そのほとんどはプロに向けた仕事内容です。
初心者は安価な案件に挑戦してみましょう。

▼クラウドソーシングで見つかる変わった在宅ワーク▼

日々、新しい依頼が舞い込むクラウドソーシング。

“野菜の知識を活かした記事の作成”
“恋愛経験をひたすら語るブログ”

というように個性を活かして働ける案件も多数。
アナタにマッチした仕事が見つかるかもしれません!
タイミングが合えば “変わった” “面白い” “珍しい” 仕事が見つかりそう。

今回はビギナー向けの案件に絞り、実際にあった “変わった在宅ワーク” の一部をご紹介していきます。

【変わった在宅ワーク①】YouTubeに声だけ出演

ニュースや怪談話といった指示された資料を読み上げ、YouTube投稿用の動画にナレーションを入れる仕事。
録音した音声を提出するので、専用機器が必要になる場合もあります。

今回見つけたのは1~10分間の読み上げで75~200円の報酬。
依頼者によって、相場は大幅に異なるようです。
じっくり探せば「お宝発見♪ 簡単に高報酬をゲット!」なんてこともあるかもしれません。

音読が得意、特徴的な声で通りがよいという人はチャレンジしてみては?
稼ぎながら声優気分になれ、リフレッシュにもなるのではないでしょうか。
(参考:Lancers

【変わった在宅ワーク②】布を四角にカット

「つまみ細工」という古くから日本に伝わる飾り細工の材料を、正方形にカットする仕事。
材料には絹を平織りにした織物である「ちりめん」を使用します。

カットには正確さが求められるため、細やかな作業ができる人に向いていそう。
2017年11月下旬時点では、募集はすでに締め切られたようなので案件のみの紹介となります。
興味のある方は引き続きサイトを訪問し続けてみてはいかがでしょうか?
(参考:CrowdWorks

【変わった在宅ワーク③】ネーミングを提案

変わった在宅ワークでネーミングしてもらったキャラクター

店やキャラクター、商品のネーミング案を出す仕事。
洗練されている、イメージに合うなどPR内容に促したネーミングセンスが求められます。

すでに商標登録されている名前の提出はできません。
センスに頼るだけでなく、関連ワードを組み合わせたり入れ替えたりして、オリジナルで考えた渾身の一作を提案しましょう。
(参考:Job-Hub

【変わった在宅ワーク④】LINEスタンプ制作

スケッチの絵を参考に、LINEスタンプをつくる仕事。
LINEスタンプは

・メイン1点
・スタンプ8~40点
・トークルームタブ1点

の画像が必要です。
使用したことのある人はイメージしやすいかもしれませんね。
(参考:Craudia

LINEスタンプは以下のアプリやソフトを使えば簡単に作ることができます。

<スマホでLINEスタンプ制作ができるアプリ>

LINE Creators Studio
LINE公式アプリで写真からスタンプが作れる優れもの。
販売にいたるまでの制作や審査といった工程を1つのアプリで行うことができます。

Adobe Capture CC
撮影した写真を自動でイラスト化できるアプリ。
パターンやブラシ作成などイラスト制作で役立つ機能が満載です。

<パソコンでLINEスタンプ制作ができるソフト>

Adobe Illustrator CC
言わずと知れたイラスト制作の代表格ともいえるソフト。
デザインやイラストデータ制作の現場では欠かせないソフトで、アマチュアからプロまで使用しています。

絵を描くのが好きな人、素材加工が得意な人はチャレンジしてみては?

【変わった在宅ワーク⑤】宛名の代筆

封書の宛名書きを代筆するシンプルな仕事。
宛名・差出人を書いたら、封筒にDMや送付物を入れて切手を貼ります。

書き損じを出さないように、丁寧な作業ができる人にオススメ。
今回見つけた案件では、1通あたり30~50円の報酬になるようです。
(参考:Lancers

【変わった在宅ワーク⑥】ネットショッピングに代行出品

通販、オークション、フリマアプリといったインターネット上で取り扱う商品の「出品代行」をする仕事。
スマホやパソコンから、受け取った商品の画像や説明文をアップします。
商品についての質問があれば返答、取引が成立したらデータを依頼人に送るといった作業が生じることも。

今回見つけた案件では、1件出品するごとに50円が受け取れます。
がんばり次第でまとまった額を稼ぐことができそうです!
(参考:shufti

【変わった在宅ワーク⑦】ネットショッピングの梱包&発送

こちらもネットショッピングに関わる案件で、商品の「梱包」と「発送」を代行する仕事。
自宅に届いた商品に破損がないかチェックしたあと、包み直して発送するシンプルな内容です。

運送会社へ集荷を頼めば、家から出ることなく一連の作業を行えます。
商品のサイズによっては、保管場所としてある程度の空きスペースが必要になる場合もあるようです。
(参考:Bizseek

【変わった在宅ワーク⑧】占い師に悩みを相談

電話で占い師に悩みを打ち明け、鑑定してもらう仕事。
占いが終了したら、相談内容と結果を文章化して依頼者に報告します。
状況がリアルに伝わるような執筆スキルをもっていれば、リピートで依頼があるかもしれません。

サイトに掲載されるかもしれないので、他テキストからのコピペは厳禁!
個人情報は載せる必要がなく、身元が判明してしまう心配は少ないようです。
(参考:Craudia

▼チェックだけなら登録不要? クラウドソーシングを始める方法▼

クラウドソーシングを始めるには、発注者と受注者を仲介するサービスに登録する必要があります。

どんな案件があるかチェックするだけなら、登録不要で閲覧できるサイトも。
気になる仕事があれば、登録して応募する流れです。

ただし人気の案件には応募が殺到するので、必ずしも受注できるとは限りません。
発注者は仕事をスムーズにこなせ、まめに連絡が取れ、過去の受注実績が高評価の人を好むようです。

多数の案件を扱うサイトに登録すれば、それだけ受注できる可能性も広がりそう。
一風変わった在宅ワークにめぐり合えるかもしれませんね。

▼支払い “バックレ業者” も!? クラウドソーシングに潜む危険▼

クラウドソーシングでは “誰でも” “手軽に” 依頼することができます。
なかには成果だけ受け取り、報酬を支払わない “バックレ業者” がいるかもしれません。

そうなれば、かけた時間と費用が意味のないものに……。
まったくの骨折り損となってしまいます。
もし納品したのに支払いが行われない場合は、仲介してくれた業者に問い合わせてみましょう。

また、バックレの被害に遭わないためには、安全性を見極める “嗅覚” が必要。
まずは簡単にできる仕事からトライし、信頼できる案件を見極めるために鼻をきたえていきましょう!

ゲームをするだけで稼げる変わった在宅ワーク「デバッカー」

在宅でゲームのデバック

暇さえあればゲームやネットサーフィンに時間を費やしているそこのアナタ!
そのスキルを活かして在宅ワークをしてみてはいかがでしょうか?

▼バイトというより遊び感覚!? 「在宅デバッカー」とは?▼

デバッカーとは、新しく開発したアプリやサイトに不具合がないか確認する作業員のこと。
リリース予定のゲームや企業のホームページが正常に動くか調査することを「デバック」といいます。

ゲームやサイト徘徊をするだけなので、バイトや仕事というより遊び感覚で作業ができるかも。
ゲーマーやネットサーフィン好きにはもってこいですね。

▼在宅デバッカーの案件例▼

デバッカーは企業に出向いて働く場合と、自宅で作業する2通りの働き方があります。

今回は自宅で作業する “在宅デバック” に絞って紹介!
珍しい&変わった案件を探ってみましょう。

【変わった在宅ワーク⑨】電子書籍のエラー確認

電子書籍にエラーが出ないかチェックする仕事。
スマホ、パソコン、タブレットといった自分で用意ができる端末で確認するだけの簡単な作業です。

今回のリサーチで見つけた報酬は1,300~2,200円。
1案件で、5分ほどの作業を70件ほどこなすようです。

時給換算すると安価な気もしますが、読書好きな人には興味深い在宅ワークなのでしょうか。
案件によっても報酬は変動するので、いろんなケースを探ってみてくださいね。
(参考:Job-Hub

【変わった在宅ワーク⑩】新規リリースのホームページを徘徊

新規リリースされるホームページの動作環境をチェックする在宅ワーク。
文字化けや表示崩れ、誤字脱字がないか確認し、気づいたことを報告します。

一般人にはなかなか機会がない、リリース前のWebサイトを見られるチャンス。
特別な知識は不要なので、ネット環境が整っている人は気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか?
(参考:CrowdWorks

【変わった在宅ワーク⑪】ゲームのテストプレイ

新作アプリや既存ゲームのテストプレイをする在宅ワーク。
スマホやパソコンにインストールしたのち、実際にプレイして動作確認をします。
バグを見つけたら報告するというシンプルな内容。

遊びながら稼げるなんて一石二鳥ですよね。
興味がある人は、一度お試しあれ!
(参考:Lancers

▼通勤vs在宅! デバッカーになる方法▼

デバッカーの働き方には、先ほど説明したように “通勤型” と “在宅型” の2通りがあります。

“通勤型” のデバッカーは、求人サイトやゲーム会社のホームページで募集されています。
「デバック バイト」で検索すれば多数の求人を見つけることができそうです。
なかには社員登用がある案件も!
オフィスで働けば新しいゲーム仲間に出会えるかもしれませんね。

“在宅型” を見つけたいなら、クラウドソーシングで探すとよいでしょう。
通勤型より報酬は低いようですが、自宅で好きな時間に働けるというメリットがあります。
バイトよりももっと気軽に始められるかも。

変わった仕事に興味があるなら、デバックに挑戦してみては?

外出したくなったらバイトより気軽な「UberEATS」の配達パートナー

変わった働き方ができるUberEATSのバイト

▼ちょっと変わったデリバリー? 「UberEATS」とは?▼

アプリでタクシーを呼べる「Uber(ウーバー)」をご存知の方も多いのでは?
配車&支払いがアプリで完結するので世界中から人気を集めています。

そのデリバリー版である「UberEATS(ウーバーイーツ)」は、2016年9月29日にサービスを開始して以降、需要がどんどん増加。
デリバリーといえばピザですが、UberEATSではサラダ専門店やタイ料理店といった、一風変わったフードデリバリーを自宅にいながら楽しむことが可能です。
日本では2017年現在、東京横浜の一部で利用することができます。

通常はデリバリーを行っていない店舗も、UberEATSに登録しているとか。
その要因のひとつとして、UberEATSならデリバリースタッフを雇う必要がない点が挙げられるでしょう。

新たに配達員を雇う必要がないのはどうしてでしょうか?
なぜなら、UberEATSの配達員は “一般人” だから。

UberEATSでのデリバリースタッフは “配達パートナー” と呼ばれ、店舗に属していません。
空き時間に配達リクエストが入り、それが自分の都合にあえば出勤するスタイルです。

そんなちょっと変わった働き方ができるUberEATSの配達パートナーについてご紹介します。

▼上司も先輩もいない! UberEATSの配達パートナーとは?▼

通常のデリバリーでは、店に常駐しているスタッフが注文の品を届けます。
一方のUberEATSは、店舗の近くにいる配達パートナーの登録者にリクエストが入り配達するシステム。

リクエストに応じることができなくても、ほかの登録者にリクエストがいくので負担を感じなくて済みます。
そのため、配達パートナーには時間の拘束がありません。

がっつり働くもよし、ヒマな時だけ配達するもよし。
なかには月300,000円ほど稼いだ配達パートナーもいるそうです。

上司や先輩もいないので、仕事中に鼻歌を歌っていてもOK。
自由なスタイルで働くことができるんです。

登録をして、気が向いた時だけリクエストを受ける。
外出したくなったらデリバリーで小遣い稼ぎ……というスタイルもよいかもしれませんね。

▼低評価がつかないように注意! 配達パートナーの仕事内容▼

仕事のやり方はいたってシンプル。
配達リクエストが入れば品を取りに行き、利用者のもとへ届けるだけです。

商品を購入したユーザーには、配達中の商品の位置情報がリアルタイムで通知されます。
寄り道して到着までに時間がかかったり、商品に欠陥があったりすると、低評価をつけられる可能性も。

ちなみに配達パートナーの評価は、ユーザーと店舗の両方がつけられ、質の悪い人は淘汰されていくようです。
いつでも気軽に働ける環境を保つには、良質なサービスを心がけましょう。

配達の際、必要なものは以下の通り。

・自転車or原付バイク
・ヘルメット
・写真つき身分証明書
・レインコート
・スマホの充電器
・水分補給用のドリンク

これらは貸し出しや支給がないので、各自で準備しましょう。

アプリをオフラインに変更すれば、新たな通知はこなくなるようです。
(参考:NIKKEI STYLE

★仕事のイメージはコチラをチェック!★

▼履歴書不要&面接なし! 配達パートナーの始め方▼

配達パートナーの始め方は簡単。
UberEATSの公式サイトやアプリでパートナー登録をします。

登録が完了したら、パートナーセンターで行われる登録会で働き方を教わり、配達用バッグを受け取る。
これで準備は完了です。
あとは稼働できる時に配達パートナー専用のアプリをオンラインにして待機するだけ。

登録会では履歴書の提出や面接は一切なし。
支給される備品の料金は給与から差し引かれますが、返却の際に返金されるため実質の負担額はありません。

気が向いた時だけ働ける、ちょっと変わった配達パートナー。
社会復帰の足がかりになるのではないでしょうか?

バイト感覚でできる “変わった”“面白い” 在宅ワークのまとめ

変わった在宅ワーク中

バイト感覚でできる変わった在宅ワークをご紹介しました。
いかがでしたか?

・YouTubeに声だけ出演
・サイト徘徊やゲームプレイ
・気が向いた時だけ配達員

さまざまな仕事がありましたね。
アナタが興味をひかれたものはありましたか?

多様なワークスタイルは、自分の生活に合った働き方ができることにつながります。

・ケガをして通勤できない
・人と話したくないけど稼ぎたい
・家事や育児の合間だけ働きたい

といった、それぞれのニーズを満たしてくれるでしょう。
自分に合うものを選んで挑戦してみてください。

▼アナタらしい働き方を見つけたいなら『モッピージョブ』でバイト探し!▼

モッピージョブでは、自由なスタイルのバイトをたくさん紹介しています!
ぜひチェックを☆

短時間でもOK
週1日からOK
WワークOK
服装・髪型自由
ピアス・ネイルOK

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account